称号狙い・回復投げラー(S16・☆35以下)

チームコード(長押ししてコピーボタンを押す)

6285 2741


 アーマースキルはオールドロップスマイル(相手オチコンなし)。
 相手に回復ドロップを送りつけること(ボール投げと呼ばれる戦法)でアドを取りつつ、判定勝ちも取りやすい編成です。ミスしなければ勝率は7割を超えるはずです。
 基本的に、曹操とケプリで4ターンエンハンスをしながら攻撃します。そして、曹操を使う際に、ラー→曹操→ミル→カサブランカの順にスキルを使うと、相手の盤面を回復ドロップだらけにできます。また、相手のオチコンを無くせるので、りんトリオやカーバンクルにも強く出れます。
 ちなみに、「回復ドロップを投げたら相手の回復力が上がって、結局耐久されちゃうじゃん」という問題は、ラーなら解決できます。なぜなら、バグか仕様かは分かりませんが、「防御力減少」スキルには、なぜか「相手の回復力を減らす」効果も含まれているからです。つまり、L字を2個組めば、相手の回復力は0!バステトだろーが水ゼウスだろーが問答無用で粉砕します。
 また、バインド耐性は全員100%、毒耐性も100%、お邪魔生成してくる奴には回復投げで反撃できるので、魑魅魍魎が跋扈する☆35以下でも、のびのび戦えます!
 
 注意点は、闇が欠損するとヤバイこと、オーディンに滅法弱いことです。
 メイン火力が闇属性なので、闇が欠損していると、火力が著しく減ります。特に、カーバンクルやミル相手だと耐久されてしまう可能性があります。
 こういった場合には、ラーやカーリーの陣を迷わず使ってください。無理にボール投げを通さなくても勝てる相手は結構います。それなので、ラーのスキルは投げのターンじゃないときに使っちゃっても問題ないです。
 そして、オーディン対面はキツいです。カサブランカが回復+木生成なので、相手の攻撃色を消せません。でも、☆35以下だから、当たる確率は低いはず……。また、曹操→ミル→カサブランカを使ったターンに、スレイプニル(お互い水→木変換)を使われると詰みます。気をつけましょう。

 ここからは、他パーティとの差別化などについて書くので、暇な人向けです。
 まず、リーダーにラーを採用した理由は、LSでガドブレが発動できるから、目覚め上書きが効かないから、そして相手のオチコンを無くせるからです。
 今環境は、カーバンクルやミルのような盾パが多くなると予想されます。その上、ミオンのようなガドブレ上書きマンや、ダメージ100%軽減のマシンアテナもいます。よって、ガドブレ使用時に読み合いが発生するのは避けられません。これは非常にストレスです。したがって、読み合い無しでガドブレ発動できる点で、ラーは他のリーダーよりも優れているといえます。
 また、今環境は目覚め上書きマンも沢山います。目覚めに便りがちな単色は、上書きされるとジリ貧になってしまうので、その点では、目覚めに頼らない多色リーダーの方が優れていると言えます。
 さらに、ラーは相手のオチコンを無くすスキルも持っています。実は、バインドされずにオチコン無しスキルを使えるのはコイツだけです。つまり、ボール投げの際に発生するオチコン運ゲとバインド運ゲを一気にケアできるのです。ね、強いでしょ?
 次に、ボール投げ型にした理由は、相手からのボール投げによって負ける確率を下げるためです。
 従来の多色パは、相手からのボール投げを対策するために、盤面ロックや陣を数枚積んでいます。相手が仕掛けてくるタイミングに合わせて、盤面ロックや陣スキルを使うのです。しかしこれは、こちらに非常に部が悪い読み合いです。
 なぜなら、4ターンのうち、盤面ロックや陣を使えるのはせいぜい2ターンなので、1/2の確率で負けるからです。さらに、スルトやアキレウスのような、こちらのロック状態を剥がすキャラがいると、勝率はもっと減ります。つまり、ボール投げをされる方より、する方が有利なのです。
 よって、ボール投げをされるのが嫌なら、こっちもボール投げをすればいいじゃない、という理由で、この型を採用しました。
 また、ボール投げを採用すると、火力がパッとしなくなるラーですが、エンハンスは4ターン分あるし、☆35以下で相手の火力も低いので、多分大丈夫だと思います。
 
 以上で説明終了です。今シーズンも頑張りましょう。

フォローしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA